プロフィール

naguradry

Author:naguradry
このブログでは特定の用語が使われてるので簡単に説明しときます。
・名倉=離脱後の世界です
・渡辺=リアル・ワールドです。あなたがこのブログを見てる世界です
・パートナー=定義は様々ですが、名倉で行動を共にする、特定の存在です

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日はまたエロいことをしてきました

2012/11/25(日) 16:23:24.89
風邪薬を間違えて倍飲んでしまった上に甘酒をちびちびやってたらちょっと
ラリってきたのでもっかい挑戦してくるのし

2012/11/25(日) 16:41:13.77
帰ってきたっ。20分ないくらいか。体感1時間

2012/11/25(日) 17:03:58.15 ID: ZViD+POx0
まだ脳汁でラリってる……ふわふわする。

今度は意識を落とすよりも、wktk感でパートナー妄想してたら気がついたら
名倉にいた。

パートナーと抱き合ったんだが、すぐ異変を感じたらしく、「何か飲んだ?」
って言われたので正直に酒と風邪薬の話をした。
そこは観たことない窓もついてない小部屋だった。パートナーはにやりと笑って
「ここに座って」と言った。歯科医においてあるような大きなリクライニング
チェアがあった。言われるがまま座った。

「今、あなたの脳、すぐ逝きそうになってるわよ」って耳元で囁かれた
(ちなみに風邪薬にそんな効用はないww)。で、レロチューをしてきた。
全身に電流が走って本当に逝きそうになった。パートナーは加減してじらしてくる
パートナーはどこから取り出したのか、1,2cmくらいのヒル見たいなネバネバした
ものを俺の乳首に貼った。「これ、生きてるのよ。あなたを気持よくして、あなた
の快楽物質を吸って生きるの」さすがにそれが本能なクリーチャーだけあってめちゃくちゃ
気持ちいい。しかもこいつも加減しやがる

パートナーは更に下半身に手を伸ばして、「こうした方がもっと気持ちよく
なれるのよね」とさっと下半身と胸を女体化した。胸の感度が上がる。

下半身にヒタチと魔法じかけのバイブを突っ込まれ、またレロチューをされる。
やばい。理性が飛びかける。「ちょ、ちょマジでヤバイんだけど」というと「あら、
まだ緑色のがあるわよ?」と意地悪なことを言う。

そもそも緑色は既に俺の下半身をじわじわと侵食し始めていた。感度が更に増す。
わけが分からなくなってきて何もかんがえられなくなってくる。

多分何か叫び喚いていたと思う。最終的にパートナーは緑色のものを俺の体中に放出し、
思いっきり逝った。15秒か、そのくらい逝ってたと思う。最悪死ぬ。なんか別の世界が
見えた。渡辺体ですら声を漏らしてるのを感じた。

おもいっきり逝ったが賢者モードにはならず、なぜか凄く優しい気分に包まれた
パートナーがずっと寄り添ってくれていたからかも知れない。

パートナーが自分のことを好きかと効くので大好きだと答えて抱き合った。
不思議な一体感を感じた。その一体感に浸っているうちに戻ってきた。
スポンサーサイト

コメント

最近飛ばしてるなw
マジで死ぬなよ(汗


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://naguradry.blog.fc2.com/tb.php/87-f3fb5e43

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。